モノ好きカネ無し。マイルとかSFCとか

新米パパアラサー会社員、マイル・SFC・モノ・コト・お金に関する雑記帳

【SFC修行】ANAブロンズメンバー事前サービスは達成翌日の「空白の1日」に注意

SFC修行中の失敗談というか、「マジかよ〜!」というお話です。

 

先日のPEK-OKA-SINタッチの途中、シンガポール→羽田のフライトで、エアチャイナで稼いだPPに加え、無事ANA運航便15000PPを達成し、合計プレミアムポイント30000ポイント、ブロンズメンバーステータス基準を達成しました。

 

 

■ブロンズメンバーは、ボーナスマイルがアップする

プラチナメンバー・SFCを目指す修行僧にとっては、ブロンズメンバーはあくまで通過点でしかありません。人によってはブロンズメンバー基準を達成してもすぐにプラチナ解脱される人もいるでしょう。

 

 

 

ですが、SFC修行におけるブロンズメンバーの有益な特典として見過ごせないのが、ボーナスマイルのアップです。

 

それぞれ保有するANAカードのステータスによってアップ率は変わり、

  • ANAカード一般:10%→40%
  • ANAカードゴールド:25%→45%

と、大幅アップになるんです。

修行僧としては、せっかくたくさんフライトに乗るんですから、マイルもしっかり貯めたいですよね。

僕は修行僧必携のANAカードゴールドを持たずにANAカード一般(Suica)で修行しているので、10%→40%のアップは非常に大きいです。

もちろんその他にも、手荷物許容量のアップや国際線プレミアムエコノミーカウンターの利用など、ブロンズメンバー独自の多少のメリットを受けられます。

 

■ブロンズステータスを達成したら、ANAブロンズデスクに電話しよう

ブロンズステータスを達成したら、ブロンズデスクに電話して、ステータス達成前に予約したフライトでもブロンズサービスが受けられるように、ステータスの更新をお願いしましょう

ちなみに、電話しなくても自動的に更新されることもあるそうですが、念のため電話でお願いしたほうがベターです。

僕の場合は、国際線は電話した時点ですでに更新されていて、国内線は電話で更新することができました。 

 

■ブロンズメンバー事前サービスには達成→切替まで空白の1日がある

さて、シンガポール→羽田便の搭乗で、無事ブロンズメンバーステータスを達成することを確認したのですが、問題はいつからブロンズメンバー事前サービスが適用されるのか?ということ。

この時の修行の日程としては、

1日目

①北京→羽田 ビジネスバリュー
②羽田→那覇 国際線乗継

2日目
那覇→成田 国際乗継
④成田→シンガポール

3日目
シンガポール→羽田  ←このフライトでブロンズメンバーステータス達成

4日目
⑥羽田→那覇
那覇→成田
⑧成田→北京

となっていて、

3日目の⑤のフライトでブロンズメンバーを達成したんだから、日付が変わった翌日に予定されている、⑥-⑧の3フライト分に、ブロンズメンバーのボーナスマイル付与率を適用できないか?という疑問です。分かりづらくて恐縮です…

 

これに気づいたのが修行当日、シンガポール チャンギ空港での暇つぶしの時間。慌ててANAマイレージデスクに電話すると、土日は時間外とのこと!この日は日曜だったのです。マジかよ…ということで、とりあえずANA国際線デスクに電話して確認すると、「この件についてはマイレージデスクでしかお答えできない。明日朝にマイレージデスクにかけ直してほしい」とのこと。

 

ということで、

翌朝、シンガポールから羽田に着いてすぐにANAマイレージデスクに電話。

先のフライトでブロンズステータスを達成し、この後に控える本日の3フライト分に、ブロンズメンバーのボーナスマイルが適用されるかを聞いてみました。

 

結果をまとめると

 

  • プレミアムポイントは、搭乗フライトの翌日早朝に付与・更新される

 

  • ステータス達成フライトの翌日には、プレミアムポイント上はブロンズ達成していることになるが、即ステータス切替とはならず、さらに翌日にやっとANAマイレージクラブ上、ステータスが切り替わるANAスマホアプリやANAウェブサイト)

 

  • つまり、プレミアムポイントそのものは搭乗フライト翌日には反映されるものの、実際のステータス切替は搭乗フライトの翌々日になる

 

  • ステータス達成フライトの翌日は、プレミアムポイント上はブロンズメンバーであるものの、ブロンズメンバーに切り替わっていない空白の1日となる

 

ということが判明しました…

 

つまり、

ブロンズステータス達成フライトの翌日のフライトはブロンズステータスのボーナスマイルが適用されない

のです。

 

今回僕の場合は、ブロンズステータス達成フライトの翌日に

  • 羽田→那覇 984マイル
  • 那覇→成田 984マイル
  • 成田→北京 919マイル

の3フライトを控えていたのですが、残念ながらボーナスマイル率は通常通りの10%。

 

仮にブロンズステータスの40%だったら、

  • 那覇⇆東京 98マイル→393マイル

       ×2

  • 成田→北京 91マイル→367マイル

ということで、その差852マイル。

うーん。たかが852、されど852。大きいですね。

 

■ブロンズステータス達成フライトを知っておこう

ということで、ブロンズステータス達成フライトの翌日は、ブロンズステータス切替への空白の1日となります。

空白の1日に搭乗するフライトでは、ボーナスマイル付与率アップをはじめ、ブロンズサービスを享受することができません

修行準備の際に、自分のブロンズステータス達成フライトがいつかを、事前に把握しておくといいかもしれませんね。